プロテインは太るんじゃないの?と言う人に

ダイエットにプロテインがいいという話は最近有名な話です。
プロテインと聞くと思い浮かぶのは、アスリートが筋肉をつけるために毎日飲むあれでしょ?と思っている人も少なくないはず。
しかしプロテインは実はダイエットにも効果的なのです。
そもそもプロテインで太るというのは認識の違いですね、プロテインで脂肪を筋肉に変える働きがあることから一時的に体重が増加するからなのです。

プロテインダイエットとは?

プロテインはたんぱく質です。
たんぱく質はカラダの中でも筋肉を作るために必要な栄養素なので、アスリートがプロテインを愛用するというのは理にかなったやり方なのです。
では、筋肉をつけるとなぜダイエットになるのでしょうか?
脂肪を減らすのがダイエットの目的ですね、その脂肪を減らす方法は大きく分けて2つあります。
1つは食事の量を減らして、生きていくうえで必要な栄養素を枯渇状態にすることで備蓄していた脂肪から栄養素を取るように仕向けること。
もう1つは、筋肉の活動を活発にして脂肪を燃焼させて減らすこと。
プロテインダイエットでは筋肉を活発に活動させる状態にもっていくことで脂肪の燃焼効率を上げるやり方なのです。

筋肉ムキムキになったらダイエットどころじゃないんじゃないの?

確かに、ボディービルダーのような筋肉質な体になってしまったらどうしましょう。
ダイエットでの鍛え方は方法が違います、この方法で基礎代謝をあげることで普段でも脂肪を燃焼するようになるのです。

体を作っているプロテインは安全なダイエットと言えますね。