酵素と酵母の違いってなぁに?

ダイエット効果と体の代謝を上げる働きがあると人気の酵素、その酵素を使用することでダイエット効果が得られたという実証例はたくさん紹介されています。
では、それと同じくして人気があるのが酵母です。
名前は似ているけれど実際に酵素と酵母ではどのような違いがあるのでしょうか。

酵母は酵素を作り出す

酵素は食品の消化吸収を行うものですが、元々体の中に持っているものです。
しかしその量は年とともに減っていきますし、生活習慣から減ってしまうものなのです。
酵素をサプリメントなどで補うと言うことは直接的に生きていくうえで必要な酵素を足りない分補ってやるという行為なのです。
では酵母はどうでしょう、酵母と言えばパンなどを作るときにパンを膨らませるために使ったりします。
酵母は食物を餌にして酵素を作り出します。
結局は同じことをすることになるのですが、酵母の場合お腹の中で分解をする時に満腹感を与えてくれます。
自然と食べる量が減っていくことになるでしょう。
そのうえ体の中で酵素を生成することになるので、抗酸化作用も期待できます。
と言うことは、アンチエイジングの効果もあるということで、その効果は酵素を直接摂取するよりも早いと言われています。

同じ物ではありませんが、その効果は同じような結果をもたらします。
酵母の方が匂いや味が苦手だと言う人もいるので飲みにくいという人も多いでしょう。
しかし効果を実証することを考えると酵母の方がいいのかもしれませんね。